FC2ブログ

トーマ家の日常

プレイばっかり先に進んじゃうから、お金稼ぎ真っ只中のトーマ家の日常を、あれこれ。
もっぱらアベルの絵画で、そろそろ3万くらい貯まりそうです。
病院がいくらかかるか分からんから、できれば10万は貯めておきたいんですよね。ペット飼い始めたら今みたいな狭い家じゃスペース足りないだろうし。

そうそう、一応拍手の機能があることだしと思って、お礼画像撮ろうと思ってちょっと頑張ってみました。
で、その時に撮れたやつ。


0046

アベルくん、可愛い顔してるなぁと改めて思ったので。うふ(*´ω`*)゛








0019

恋愛コマンドの「手をつなぐ」をやったら、アベルが手錠を思い浮かべてて笑った。
アレクは一途だから大丈夫よ! 「マスターシェフ」クリアして余裕あったら「ソウルメイト」の願望やりたいくらいだから!w


0020

アベルは昇進して帰ってくると、なぜか眼鏡を掛けてます。今までもこんなんだったっけ?
衣装自体は私が設定した服のままだし、次に出勤する時は眼鏡かけてないんですよね。ならキャリア衣装って訳でもないんだろうけど…。
まあアベルは眼鏡似合うし、いいんじゃないかい(*´ω`*)゛


0021

アレクの願望クリアのために、ディナーパーティも開きました。
夜にやったからめっさ暗い! 外灯を用意するべきであった^^;

家がめっさ狭いから、思い切って玄関ドアをロックしちゃったので、みんなすんなり家の裏に集まってくれました。
この6人掛けできるパラソルつきのテーブル、いいなぁ。
前からどこかで使いたかったので、6席全部埋まってくれて満足。
パーティはこれで終わりかな? と思ってたら、「マスターシェフ」って第4段階でも「一度のイベントでグルメ料理を3品作る」なんでのがあるのね^^;

どうにもこのカップルは、生活時間も合わなければ休みの日もずれてしまってて。
アレクが休みの日に、アベルが仕事から帰ってくるのを待ってパーティ開催、という流れになりました。
アレクはパーティ序盤には料理を作るという大事な役目があるので、アベルが帰ってきてないとお客さんほったらかしになっちゃうから…^^;
2回ともアベルは途中で戦線離脱して、さっさとお休んでたわけなのですが。


0022

ハウスパーティだとこんな課題が出るのねー!^^;

お客さんはアレクの同僚ばっかりで、夫婦で来てる人なんかいなかったので、自分らでこなすしかないw
そのためだけに起こされたアベルは災難である^^; ごめんね。


0023

そのアベルは、仕事の課題をやってるうちに願望も自然とクリアしていけるんだけど、これだけはお出かけしないといけなくて。
夫夫で生活時間帯がずれてるとどうにも外出しづらくて、後回しになってました。

しかし、だんだん、さっそく太り始める夫夫^^;
何度かジョギングには行かせてたものの、この島割と広いもんで、途中でドロドロに汚れて変なところで立ち止まってしまう。
そんなわけで、


0024

私のお気に入り施設、「Fitness」のトレーラーに出てたジムを、家のすぐ傍に追加したり。


0025

他にもアレクが「エクスペリメント料理覚えたい」って気まぐれ出していたので、レストランを作ったりしてました。
まあ…これ建てるんで建築モード入っちゃったから、ロックしといたアレクの気まぐれは消えてたけどねw
ふたりの時間が合う時には、なるたけ外出の機会を増やしたいなーとも思ってたので、お外ご飯できる場所が欲しかったんだ。

このレストランは、地元の家族がまったりやってる、こじんまりした創作料理のお店みたいな感じで、屋外でご飯食べれるところにしたくって。
もともと建築は下手の横好きなんだけど、まーこれに関しては、大好きな本屋さん動画のダイナーの影響を受けまくっているのがよく分かる^^;


0026

お洒落なお外用ライト、と思って置いたやつが、夜(20時以降?)になると自動点火してて。
これが近くで灯ってるといいムードがつくと知りました。ラッキー。

そうそう、このSSもそうなんですが、なんだか角度によってアベルくんが女の子みたいに見えるんですよね。髪型のせいだけじゃないと思うんだけども。
CAS画面では、実はこの子の顔立ちってあまり納得いっていなかったんだけど、プレイ画面で見るとまた随分と印象が変わるなぁ。
逆に、CASでは可愛かったり美人さんに見えるのに、プレイ画面だと残念な感じになる子もいるんだよな…^^;


0027

真夜中になっても結構明るかった。
本データにも持ってこよう(*'ω'*)゛

頻繁にここで食事してれば必然的にシェフの腕も上がるだろうから、少しずつエクスペリメント料理覚えさせていきたいな。
レストランは、店舗自体は小ぶりにしてシェフ・ステーションをふたつ設置しておくと、回転率が上がっていいのかもしれないなぁ。


0028

エクスペリエント料理は、シムによってはまずそうな反応をするので、ふたりとも美味しく食べてくれたのが嬉しかった(*´ω`*)゛


0029

料理スキルがかなり上がってきたのでグルメ料理スキルを上げ始めたアレクは、エクスペリメント料理を食べた翌日にカプレーゼサラダを食べながら、ファストフードっぽい吹き出しをなぜか二度も出してましたw


0030

結局なかなかジムに行けなくて、自宅で走る羽目になったアベルくん。
ほんとはアレクも走らせたい…。ふたりとも、やっぱり太ってる気がしてならなくて^^;


0031

料理キャリアは、分岐するまではバーテンダースキルも上げなきゃいけないのでね^^;
ドリンク1杯で課題が1/4終わるから、それだけはありがたいです。

最初の3杯はお金をケチって炭酸水作らせてるけど、4杯目はお気に入りのドリンクを作らせてあげてます。
アレクのお気に入りは、お高い方の赤ネクター。うん、イメージにもぴったりだね。
冷蔵庫に入れておくと大体アベルに飲まれてるけどねw


0032

「マスターシェフ」の願望をセットしてるからか、この子は自主的に料理番組を見てスキル上げしてることが多いです。
願望達成まで、あとはキャリアを上りつめていくだけ!


0033

アベルはやっぱり昇進するたびに眼鏡だよw


0034

模写がお気に入りなので、ついでに写真スキルも上げちゃえ~と思って、寝るのが遅い旦那を朝っぱらから盗み撮りしてレベル上げ。


0035

こんな実績も解除しました。
「元気」…? 「ひらめき」ならまだ分かるけど、元気??
実績って、たまによく分からないタイミングで解除しますよね^^; 感情の「元気」のことじゃないのかな?


0036

アレクは昇進のタイミングが良かったのか悪かったのか、1日だけ出勤したら3連休になりました。
ちょうどアベルがコメディ&いたずらフェスに誘われて遊びに行っていたので、仕事終わりのアレクを呼んで、屋台料理をひとつ覚えてもらう。

「City Living」のフェスは好きなのが多いんですが、どうにも夜遅くまでかかるのが辛くて、一時期全然行けてなくて。
どうせなら楽しみたい! と開き直って、会場になる施設に、簡易宿泊所を作るようにしています。
なので、楽しむだけ楽しんで賞金ももらったアベルは、さっさと宿泊所でねんねして翌日の仕事に備えてました。


0037

アレクも寝せて、アベルが仕事に行くのを見送った後でアートセンターを眺めてたら、クララ姉さんが!
マイシムが街中をうろついてるのを見かけると嬉しくなる。
お金貯まったらエマーソン家に戻るから、ちょっと待っててね。


0038

前日のフェスの最後に注文した人がいたのか、朝まで放置されてたのを頂いて、屋台料理ふたつ目を習得。


0039

別のところで値引きを試みたら失敗したので、諦めて定価で買って、自宅で恥ずかしさを解消してるところ。
反射は「低品質」にしてるけど、せいぜいカメラを遠ざけた時に曇って見えるくらいなのかな?
近付けばはっきり見えるし、個人的にはこれで十分だなぁ。

【追記】
遠ざかってる時にどのくらい曇って見えるのか、並べておいた方がいいかなーと思って。

0049

全体を眺めたい時はこのくらいの高さから俯瞰してるんですけど、だいぶ曇ってるように見えるかな?
気になるといえば気になるかも??
【追記おわり】


0040

アベルはやっぱり昇進すると眼鏡になりますw
眼鏡はいいけど、目玉の指輪つけるために結婚指輪外れちゃうのはやめてほしいw


0041

昇進して帰ってきたその晩、絵画スキルがカンスト!
からの、


0042

「傑作」2枚目~!(*´ワ`*)
すごいすごい! これはお祝いせねばなるまいて!


0043

レストラン「ママン・ドリアーヌのおもえなし」で、ご飯~(*´ω`*)゛

このウェイターのおじさんが、私がイメージしてる「お店の旦那さん」っぽくて、なんだか好きです。
いずれ新しくシムを作ってこのお店買い取ろうかと思ってたけど、この人がいなくなっちゃうのは寂しいなぁ……と、迷いが生まれたw


0044

壁に穴が開くシェフ・ステーションだと、完成した料理あんなところに置くのねw
ここのシェフのひとりは、カリエンテ家のニーナさんです。もうひとりはタウニーだったかな。


0045

やっぱりアベルの横顔、可愛いなぁ~。
アレクは……なんか、貫禄あるね? 顔が若干ごつめだからかな。
料理系スキル一通り習得してほしくてバーテンダースキルも上げてるけど、しばらくダイエット頑張ってもらおうかしら^^;


コメント

Secret

プロフィール

れいん

Author:れいん
ご訪問ありがとうございます。
初めましての方は、最初に「はじめに。」をお読みください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム