FC2ブログ

師弟とロウソクと発泡ジュース

久しぶりに本日2度目の更新だよ!\(^o^)/w
まあ新しい要素が増えたら遊びたくなるのが人の性ってもんですよね(*´-`*)w


2020-07-21_11-15-56.jpg

そんな訳で、データCの師弟世帯でまたちょっと遊んでました(*´-`*)💕
や~、やっぱり新しいパック入れると楽しみが増える…。ほんとは昨日もこの辺もやるつもりだったんだけど、建築モードに入ったら生活モードに戻っても音楽が鳴りっぱなしになっちゃったので中断した、という次第でした(´ワ`;)
まあ新しいパックっていっても、既に2ヶ月近く出遅れてるんですけどねw

ではでは、いつも新パック発売後に書いてる記事のノリにて続きから(*'ω'*)゛






2020-07-21_10-31-38.jpg

前回気になってた「環境負荷モード」って、なんのことはない、ワールドマップで地区ごとの状態を確認できるってことだったのね。


2020-07-21_10-32-18.jpg

どちらかに寄ってる地区があるのは新しい街だけなんですね。まあそりゃそっか。

産業地区は、いろいろ便利だけど空気が汚れてる…みたいな感じなのかなあ。
だとすると余計に魔法の国がこっち寄りだったのが不思議。魔法の世界って自然側に傾いてそうな気がするんだけどな。崩壊しかかってるのを人工的な手段で支えてる状態だから…みたいな裏設定とかあるのかなあ。


2020-07-21_10-33-31.jpg

StrangerVilleだけ環境負荷モードが見れなくて笑ってしまった。
うん、確かにこの街はそれどころの騒ぎじゃないわw

さてさて、一通り各街の様子を確認したところで、本日の目的と参りましょうか(*´-`*)゛


2020-07-21_10-37-16.jpg

と言いつつ、のっけからご機嫌麗しくない若モギさんからスタートでした(´ワ`;)

若モギさんにもやって欲しいことがあったので、今日は学校休んでもらおうと思ってスマホ開いたら、消防団なんて呼べるようになってたのね。けっこう前のパッチノートで見た気がするぞう。
請求書とかいつ来てたんだろ。支払う以前に存在ごと忘れてたな…^^;

とりあえず昨日のこともあるので、さくさくと建築モードで新しいアイテムを購入してしまいませう。


2020-07-21_10-41-59.jpg

2020-07-21_10-42-07.jpg

という訳で、ジュース醸造機とロウソク作れる台を購入しました(*´人`*)💕
ジュースも気になってたけど、ロウソク手作りできるっていうのがトレーラー見てた頃から気になってて。置く場所がなくって外に置いただけになっちゃったんですけどね(´ワ`;)w

とりあえずは欲求ゲージの回復を優先してもらって、それからふたりにそれぞれ挑戦してもらおうかな(*´-`*)゛


2020-07-21_10-43-16.jpg

という訳で、モーギンさん大釜に挑むの図。
うん、昨日から思ってたけど、やっぱり賢者様が作ってた時のマカロニチーズ、だいぶ量が少なかったよね^^;


2020-07-21_10-44-37.jpg

やっぱり火の調整してるとこ好き(*´-`*)💕
そんでもってやっぱりこの子もスタイルいいな…。まあ当たり前なんだけど…(*´-`*)💦

ちなみにこの時作ってたマカロニチーズは、若モギさんがお腹空き過ぎて「不快」になってるのを見たプレイヤーが中断させてしまったせいで、未完成のまま終わってしまったのでした。やぁー…悪いことをした…(´-`;)


2020-07-21_10-45-52.jpg

結局残り物でお腹を満たしてた若モギさんの傍ら、こんな気まぐれを出してたオンヤ様でした。
ボランティアか~、そういえば久しく行ってないなあ。
なんとなく嬉しくなっちゃって、後で行ってもらおうかな~と、とりあえずロックしておいた次第です(*´-`*)゛


2020-07-21_10-46-35.jpg

一方の若モギさん、今日は学校お休みしてもらおうかなぁと思って再度スマホを開いたら、ようやっとこの項目が出てきました~(´ワ`;)

いやぁ…これまではお休みしてもらう時は休暇取ってもらってたから、ずる休みを試みるコマンドがどのタイミングで表示されるのかも知らんかったという…^^;
早朝の時点ではこのコマンド見つからなかったから、登校1時間前のお知らせが出てからでないと連絡できないのかな。まあ5時前に電話したってまだ先生とか来てないよね(´ワ`;)


2020-07-21_10-46-58.jpg

とりま無事にお休みをもらえた若モギさんでした(*´-`*)゛
まあたまにならこういう事もあっていいよね。若モギさん可愛いぞ(*´-`*)💕


2020-07-21_10-47-39.jpg

ところで、電話切った後でこんなムードがついてたんですが、この区画…公共サービス通ってなかったっけ…??
コンロも水道も普通に使えてたし、公共サービスなし区画じゃなかった気がするんだけどな。確認しようと思ってたのに忘れてしまった^^;

さてさて、それではさっそく新しい要素に挑戦してもらおうかなっ!(*'ω'*)゛
オンヤ様は体力なくて朝からお昼寝してたので、先に若モギさんにロウソク作りをやってもらおいます(*´人`*)💕


2020-07-21_10-48-51.jpg

グレーアウトしてた「キャンドルを作る」の説明文に出てたリサイクルマシンが云々というのがよく分かっていなかったので、とりあえず材料を購入してもらうの巻。
で、材料があれば作れるだろうとタカを括っておったのですが、


2020-07-21_10-53-54.jpg

そんなことはなかったでござる。
うーん…? ゴミ箱漁りとかでないと入手できないアイテムがあるとも思いにくいんだけど、どういう事なんだろう…。


2020-07-21_10-55-46.jpg

そしてこのタイミングで、マカロニチーズ作りを再開したくてもできなくなっている事に気付いた次第です^^;
若モギさんの視線が痛い…。ごめん…、あと少しで完成だったのに、中断させてごめんなさい…(´人`;)


2020-07-21_10-55-58.jpg

そんな若モギさんにシンクを洗ってもらいつつ、とりあえずキッチンにあるゴミ箱を選んでみました。
まあコメントにあんな風に書かれてた訳だし、やってみるだけやってみてもらいましょうか。


2020-07-21_10-56-09.jpg

と言いつつ、シンク掃除してる若モギさんがなんかいいお顔してくれてたので載せます(*´-`*)💕
こんなSSもちょいちょい撮ってたもんだから、今回も記事2分割だよ(´ワ`;)


2020-07-21_10-56-38.jpg

そんな訳でゴミ箱を漁ってもらったのですが、どうも特に何か見つけた様子でもなく。
ちょっと困ったなぁと思いながら、もっぺんロウソク作る台(名前が分からない^^;)をクリックしてみる。


2020-07-21_10-57-42.jpg

そしたら今度は普通に作れるようになってました。
ほほーう? よく分からないけど、作れるならさっそくやってもらいましょうっ!(*'ω'*)゛

それにしても、プレイが久々だったっていうのもあるんだろうけど、今回こういうSSの撮り方が酷いね!(´ワ`;)w
前はもうちょいブログに載せる時のこと意識して撮ってた気がするんだけどなぁ^^;


2020-07-21_10-57-58.jpg

ともあれそんな訳で、キャンドルを作ろうとした時に表示された画面がこちらです。
価格…、これどういうことなんだろう…。プレイ中に見逃したこともあったもんだから、これは書いてる段階でほんとによく分かってないです^^;

とりあえず作れはするみたいだし、染料もひとつずつ買ってみたから、適当に作ってみてもらいましょうか(*'ω'*)゛


2020-07-21_10-59-05.jpg

若モギさん、なんともいえないお顔してるけど大丈夫かな?^^;
ていうか指示出す前に着替えてもらえば良かったですね。なぜか寒そうな素振りは見せなかったしムードもつかなかったんだけど、このワールドは未だ冬なのだ…(´人`;)


2020-07-21_10-59-28.jpg

熱そうにしてる若モギさん(可愛い)を眺めつつ、お知らせが出たことでようやっとキャンドル作りに新しいスキルが関係してることに気付いた次第でありました(´ワ`;)w
うん、一覧に必要なスキルレベルちゃんと出てましたね! 全っ然見てなかったわ(´ワ`;)


2020-07-21_11-00-04.jpg

2020-07-21_11-01-32.jpg

黙々と作業を進める若モギさんを撮ってるだけのプレイヤーである。
作業してる時の表情好きだなぁ…(*´-`*)💕


2020-07-21_11-01-45.jpg

いやもうほんと、この表情が可愛すぎて(*´□`*)゛


2020-07-21_11-02-15.jpg

ロウソクを一旦引っかけたところで誰かからメールをもらったらしい高校生(サボリ中)の図。
病欠の連絡しておいて、こんな薄着で外にいたら、そりゃあねえ…(´ワ`;)


2020-07-21_11-02-30.jpg

完成直前? になんかすごいお顔してたけど(^^;)、ともあれ最初の1個が完成しました~(*´ワ`*)
トレーラーに出てたのは短くて太いやつだった気がするんですが、ああいうのはスキルレベルが上がると作れるようになるのかな??

ともあれ、ここでようやっと若モギさんが着替えてくれたので安心しつつ、所持品に入っているというキャンドルを確認してみます(*'ω'*)゛


2020-07-21_11-03-04.jpg

そしたらまさかの「品質:最高級」である。
いきなり最高級ってすごいな!? えっ、す、すごいんだよね? なんか当然みたいに高品質なの作ってるけど( ゚ - ゚;)

ロウソクとかって何か特別な感じで高く売れたりしなかったっけ、と思いつつ、とりあえずこれはそのまま持っておいてもらうことにしました。
まあ別にそれっぽいコマンド出なかったし、多分アンケートのやつと記憶がごちゃ混ぜになってるな…^^;


2020-07-21_11-04-12.jpg

そしてこの時、さっき軽食で済ませたお陰でまた腹減りになってた若モギさんが自発的にマカロニチーズ作りを再開しようとしてくれたんですが、やっぱり再開できずに終わってしまった次第でした(´-`;)
こうなっちゃうと捨てるしか出来ないんだよなぁ。ほんと申し訳ないことをしてしまった…(´-`;)


2020-07-21_11-04-44.jpg

料理を片付ける時も魔法使ってくれるとか完全に忘れてたのでびっくりした…びっくりした…。
あああ、やっぱり魔法使いカッコいい…。若モギさん、なんか綺麗…(*´□`*)゛

さてさて、弟子が頑張ってくれたことですし、今度はお師匠様に頑張ってみてもらいましょうかね(*´-`*)゛


2020-07-21_11-05-58.jpg

その前に請求書払ってもらおうと思ったら、コミュニティプロジェクトってEvergreen Harborでなくても何かしらできることがあるんですね??
最初に世帯入った時に「チュートリアル見てね~」みたいなお知らせ出てたけど、そのチュートリアルの見方が分かってなくて…何がなんだかサッパリであります(´ワ`;)


2020-07-21_11-06-31.jpg

ともあれ請求書を払ってもらったら、オンヤ様には発泡ジュースの方に挑んでもらいませう(*'ω'*)゛
材料を入れないことには話が始まらないみたいなので、とりあえず持ってるものを入れてみてもらいましょうか。


2020-07-21_11-07-36.jpg

あっうん、リンゴはいけるだろうと思ってたけど、ジャガイモ…ジャガイモのジュースかぁ…^^;
とりあえず…今回は無難に、リンゴ1個だけ入れてみてもらおうかな(´ワ`;)


2020-07-21_11-07-52.jpg

材料入れる時って、ちゃんと醸造機のところで作業してくれるんですね。こういうの地味に嬉しいかも(*'ω'*)゛
所持品から直接入れることが出来ないのが意外でした。できても良さそうな気もするんですけどね??


2020-07-21_11-08-00.jpg

特に意味のないドヤ顔、好きですよw


2020-07-21_11-08-05.jpg

ともあれ、こっちは材料さえ入れてあれば作れるようになるとのこと。
2シムオリオンって随分お安い気がするけど、こんなもんなんだろうか??


2020-07-21_11-08-16.jpg

そして意外なことに、ジュース作りも新しいスキルがあったんですね。
全部機械でやるんならスキル関係ないかと思ってた。本音を言うなら、3のネクター造りみたいに葡萄踏み踏みするのとかやりたかったなー!w


2020-07-21_11-08-43.jpg

そしてまさか、ちょこちょこっと機械弄ったら後は放置~になるとも思ってなかった^^;
オンヤ様だと魔法関係のコマンドが出たんだけど、若モギさんでクリックしたら何も表示されなかったので、ちょっと焦りました(´ワ`;)


2020-07-21_11-10-33.jpg

完成するまでのんびり過ごしてもらってた時に気付いてびっくりしたこと。
学校サボってる子で保護者をクリックするとこんなコマンドが出るんですね。「今から行ってきまーす」的なあれなんだろうか?^^;

さて、この後はふたりともお昼寝してしまったので、ジュース醸造機もそのまま放置してたのですが、


2020-07-21_11-12-57.jpg

ふたりが起きてきた頃には無事に完成してました(*'ω'*)゛
作り始めたのが12:30頃、このSSの時点で16:10くらい。まあ…ふたりが寝てた間は3倍速で時が進んでたから、実際はもっと早く取り出せるようになってたんだろうなあ(´ワ`;)w


2020-07-21_11-13-37.jpg

あっ、いいないいな、この瓶に注いでる感じ…(*´□`*)゛
編集してた時に気付いたんですが、完成すると画面が緑色になってるんですね。1倍速で監視してたら完成音とか鳴ったりするんだろうか。


2020-07-21_11-13-52.jpg

「発泡リンゴジュースです!」(どどん)
う、うん、そだね…。リンゴの…味では、ないのかな…^^;

名前つけられるのは意外でした。そうかあ、ブランド品みたいな感じで売り出すことも可能…??


2020-07-21_11-14-06.jpg

確認したら、品質は「普通」でした。まあ初めて作ったやつなんだし、そんなもんかな(*´-`*)゛

編集する時にすっかり忘れてたんですが、ジュース醸造スキルは「集中」でブーストかかるんですね。
この時のオンヤ様、ちょうど「天才」特質の「集中」ムードがついていたのです。引退した元賢者様の老後の趣味としては割とアリかも知れない??(*'ω'*)゛


2020-07-21_11-14-41.jpg

ついでにもう1本作ってもらおうかな~と若モギさんの所持品からブドウを移動したのち、醸造機に入れられる野菜や果物は1種類だけだとやっと気付いた僕氏であった。
ブドウとリンゴ混ぜたりできないかな~って思ったけど、駄目なのかあ。もしかしてスキル上がるとブレンドできるようになったりするのかな??

オンヤ様にブドウジュースを作ってもらった後は、若モギさんの社交ゲージが減ってたのもあって、ちょっとおしゃべりしてもらってました。


2020-07-21_11-16-01.jpg

今回オンヤ様が何度かゴミ箱のふきだし出してたんだけど、「Eco Lifestyle」導入したの関係あるんだろーか^^;


2020-07-21_11-17-02.jpg

若モギさんにももう一度キャンドル作ってもらおうと思って、最初に作ったやつを机の上に出してみました(*'ω'*)゛
「品質:最高級」の字面がやっぱりすごい。

で、どうも今回は会話を早々に切り上げることが多かったもので、オンヤ様が洗い物に立った時に、若モギさんには知り合いに電話掛けてもらって社交ゲージの回復を図っていた(^^;)のですが、


2020-07-21_11-19-20.jpg

なんか怒ってると思ったら、またこんな…^^;
今度起動した時に公共サービスどうなってるか確認してみよう…。いやでも請求書来てるんだし、やっぱり公共サービス通っているのでは…? どうだったっけなあ…(´ワ`;)


2020-07-21_11-20-20.jpg

ともあれそんな訳で、若モギさん、2本目のキャンドルに挑戦なう。

この…この時のお顔が…すっごい美人さんで好き…。
周りが薄暗いのもあってか、独特の色気がある気がする…。やっぱりなんとなく「オスカルっぽい」って感じてる自分がいるんだけど、なんでこんな風に感じてるんだろ。


2020-07-21_11-20-54.jpg

可愛い(*´-`*)゛


2020-07-21_11-21-39.jpg

ロウソクがちょっとずつ太くなっていくのが地味に好き。

さてさて、すっかり暗くなっちゃってるけど2本目も無事に完成したので、今回も所持品の一覧を覗いてみます。


2020-07-21_11-22-15.jpg

そしたらまさかの「品質:最高級」再びですよ…。
これは納得のドヤ顔ですわ。

ていうか、感情のブーストもかかってないのに2本連続で「最高級」って、もしかして染料使ったから~とか関係あるのかな。それか単純にロウソクの品質って「最高級」しかないのか…??
と、この時はつい思ってしまったんですよねえ。なんのことはない、若モギさんがすごかったのである…(´人`;)

ところで机の上に出しておいた1本目のキャンドルなのですが、オンヤ様でクリックしたら、どうやら魔法で火を点けることもできるみたいだったんですね。


2020-07-21_11-23-48.jpg

せっかくだしと思って、元原始魔法の賢者様に点火をお願いした次第です(*'ω'*)゛
いや、だって、キャンドルって火を灯すアイテムなんだから、そういう意味だと思うじゃん?


2020-07-21_11-23-56.jpg

まさかこういう意味で燃えるだなんて思ってなかったんですよねぇー!^^;
魔法使いが点火した時の火事って当人も周りも焦らないから、プレイヤーが変な意味で焦るんだよなぁー!💦

とりあえず燃え広がっても困るので、オンヤ様には慌てて消火の指示を出したのですが、


2020-07-21_11-24-26.jpg

まさかこれでキャンドルが消失してしまうとも思ってなかったので普通にショックだったわ…。
あああああ、せっかく最初に作ってもらったやつだったのにぃぃ…。◦(◦´□`◦)◦。


2020-07-21_11-25-00.jpg

この顛末を知ってか知らずか、直後にこんな質問をしていた若モギさんでした…。
もう…ほんとごめんね、若モギさん…。いろんな意味で凹むわぁー…(´-`;)

次回に続く!

コメント

Secret

プロフィール

れいん

Author:れいん
ご訪問ありがとうございます。
初めましての方は、最初に「はじめに。」をお読みください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム