FC2ブログ

モーギンさん写真集(物理)を作っているという話。その3

その1はこちら、その2はこちらです。
フォトブックに関する記事はこれが最後になると思います。別のサービスを試さない限りは…。


2020-03-28_13-46.jpg

ようやっと…ようやっと、大本命に手が届いた…。
まさか涙が出るほど嬉しくなるとは思わなんだ…。もう本当に嬉しすぎる…。

そんな訳で、私がこれまでに使わせて頂いた各種サービスに関するメモ書きというか、感想というか。
今回もゲームプレイに関する話は全くないです。プレイ日記も更新してるので、シムズの話を見にお越し下さった方は宜しければそちらをご覧頂ければと思います(*´-`*)゛

そしてこれまた度々ですが、ゲームのSSを使ったフォトブックを、私的利用以外の目的で作っては駄目ですよ、という話を改めて。
前回の記事でも触れたけど、念のためね。「個人で楽しむ分には作ってもいいけど諸々気をつけて下さいね、十分ご注意下さいね」と念押しされた話ももっぺん書いておきまする(´ワ`;)

あとこれも前回の記事でも言ったことですが、各種サービスはそもそもゲームのSSを印刷することを想定されていないこと、また各記事に書いているのは私の個人的な意見に過ぎないことを前提にお読み下さいませ。
どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>






えーと、どこから話したらいいのかな。
私がこの1冊を作るに当たって、どんな感じでサービスを絞り込んでいったか…という辺りから始めますか。
そんな訳で、私がフォトブックを作成するに当たって挙げた条件は大体以下の通り。

・サイズはA5未満
・無線綴じ
・1冊に大量のSSを収められる
・高級感がありすぎない

言い換えると、「手に取りやすいサイズで大量のSSを気軽に見返せる」という感じです。
無線綴じにしたかったのはただの好みです。後にこの点は掌を返すこととなる。


さて、私が最初にお世話になった「nohana」さんは、毎月1冊無料で作れるフォトブックより高品質なサービスでも表紙込みで67枚しか印刷できないため、最初から候補に入ってませんでした。
で、いろいろ調べて最終的に残ったのが、「しまうまプリント」さんと「photoback(r)」さんのサービス。

しまうまさんのサービスについては、だいたい前回の記事で書いたような感じです。
但しあれを書いた後で「これ最強では?」と気付いた事があったりして、評価が変わった部分もありまする。詳しくはまた後ほど。


で…冒頭で「大本命」と言った今回のフォトブックを作成させて頂いたのが、フォトバックさんのサービスでした。
しまうまさんとノハナさんは格安でお手軽なサービスですが、フォトバックさんは特別お安いサービスという訳ではないと思う。プロの方も使われるというサービスなので、価格的にもしっかりした(?)サービスなのではなかろうか。

フォトバックさんでは7種類のフォトブックが作れます。
そして私が今回の「大本命」で使わせて頂いたのは、「BUNKO」という文庫本サイズのフォトブック。
最大の96ページで作成した時の価格は、投稿日時点で3,734円(税抜き)です。

ちょっと感動が勝ってて冷静な感想どころではないので、とりあえず感激したポイントを載せてみる。


2020-03-28_13-50.jpg

帯をつけてくれるのは知ってたけど、本体の表紙の仕様は知らんかった…知らんかった……。
やばくない? これ…やばくない…? めっちゃびっくりして感激したわ……。


2020-03-28_13-47.jpg

大本命の1ページ目はこうしようって早くから決めていただけに、感動もひとしお…。
しまうまさんやノハナさんでもページごとにコメント入れることはできるのですが、これまで9冊作ってきた中でコメント入れたの、このページだけなんですよね。
撮影した時刻が秒まで分かるの、すごく…すごくいいですね…。

もうちょい感想らしき感想を言うと、やっぱりプロも認める実力派サービスなだけあって、すごく綺麗。
印刷した時に気になりがちな、肌の影になってる部分が…なんというか、すごく滑らかな感じがします。


2020-03-28_13-52.jpg

ほらこれ見て見てって言いたいけど、これで伝わるのだろーか^^;


2020-03-28_13-55.jpg

テンプレートの種類もけっこう豊富で、こんな感じでぎっちり詰められたりもする。
使ってるSSは5枚ですが、下段真ん中は同じSSを2枚使って1枚のSSっぽく見せてるだけなので、このテンプレであれば見開き2ページに6枚載せられます。
最大で1ページにつき4枚配置することが可能。まあ実際そんなに載せたページはほとんどないけども(´ワ`;)


2020-03-28_16-59.jpg

こういうページを跨いだ配置が映えるのも良いんですよって言いたかったんだけど写真の撮り方下手すぎ問題。
これに関しては、縦長の本に横向きの写真を載せるといい塩梅になるなぁって感想です(*´-`*)゛

あと便利だなあって思ったのが、写真を配置する時に、そのテンプレの推奨サイズを表示してくれるという点。
そして意外なことに、推奨サイズより大きくしても「低画質になります」という警告が出るとは限らなかったという。
まあこれに関しては、警告が出ない範囲で編集してても「あああ粗くなっちゃった」という感想が出たSSも多少あったので、もとのサイズと同じくらいに留めておいた方がいいかもしれない。


とにかくもう本当に、こちらのサービス、大満足!!!です。
ここで作らせて頂くことにして良かった…。まさか涙が出るほど嬉しくなるとは予想してなかったよ…。


ところで私氏、前回の記事で既にフォトバックさんのサービスに触れてたんですよね。
先日の記事で触れたのは、ポケットに入るほど小さなサイズの「POCKET」というフォトブックです。


2020-03-11_16-43.jpg

これこれ(*´-`*)゛
前回の記事でも言った通り、掌サイズで見開きフラットというのがマジでやばい…。


2020-03-28_14-06.jpg

やばくない?


2020-03-28_14-08.jpg

こういう事もできる。
やばくない? これやばくない?
ちょっと見開きフラット舐めてたわ…。見開きで…ページいっぱいに配置して…この美しさよ……。


2020-03-28_14-09.jpg

中央部分が見えなくなることを気にしなくていい上に、各ページに1枚ずつ配置したやつも素晴らしく映える…。
ほんと見開きフラットの威力を舐めてました。見開きフラットは高級感が出そうだと思ったのと、価格的にもお高くなるからってのもあったのですが(´ワ`;)

最大の36ページで作成した時の価格は、投稿日時点で1,800円(税抜き)。
よく考えたら「お試し」で印刷するにはいいお値段だったのではないかという気もするけど、私が試したフォトブックサービスの中からお勧めをひとつ挙げてくれと言われたら、この「POCKET」を挙げさせて頂きます。
ほんとやばい。見開きフラットにどーんと印刷するのほんとやばい。ほんと感動します。


2020-03-28_17-46.jpg

こういう配置もできます。発色も鮮やかでやっぱり綺麗(*´-`*)゛
この特別感がほんとにねぇ…。ほんと「特別感」って感じがすごい…。掌サイズで見開きフラットほんとやばい…。
フォトバックさんのサービスの中に、同じ価格・同じページ数で無線綴じのサービスもあるのですが、個人的には断然こちらを推したい。同じ価格で同じ枚数を載せられるなら見開きフラットがいい…。

ちなみに「POCKET」は、表面がちょっとざらついて見える感じの独特の紙で作られてます。
いや、いろいろ見ながら「特殊紙って結局どんな?」ってなったので…w

そんな訳で、フォトバックさんのサービスを全力で推したい私でした(*´-`*)゛
いやぁ~もうほんと…堪んない…堪らない…。素晴らしいサービスをありがとうございます…(*´□`*)゛




ここからは、3社・4種のサービスを使わせて頂いた個人的なお勧めポイントというか、感想というか。
それぞれのサービスでいいな~って思った点というか、リピートしたいって思う点というか。
こんな記事のこんなところまでお読み頂いている方は以下略。


2020-03-28_14-13.jpg

上段4冊がノハナさん、下段両端の2冊がしまうまさん。
下段中央の大きめなのがフォトバックさんの「BUNKO」サイズ、小さい2冊が「POCKET」サイズです。


2020-01-31_16-44.jpg

まずはノハナさん。
私が使わせて頂いてるのは、毎月1冊無料(送料別)になるスタンダードな「通常フォトブック」。
ノハナさんのサービスについては、その1その2の記事でそこそこ触れてます。

ノハナさんはやっぱり、とにかくシンプルでいろいろとお気軽というのが良き(*´-`*)゛
20枚+表紙で枚数がきっちり決まってて、レイアウトも超シンプルだから、作業しながら悩む点がとにかく少ない。
スマホに画像を移さなきゃいけないのが少し手間になるくらいかな。

で…いろいろ作ってて思ったのが、主役を大きく撮っていて尚且つ表情をすごく気に入ってるSSの場合、粗くならない範囲で少しでも大きく印刷した方が良いなあって。
私が使わせて頂いてるサービスの中で、その点の満足度が一番高いのはノハナさん。
何気にノハナさん、画像のサイズ調整にけっこう融通が利くんですよね。

あとはやっぱり価格が安いという点かなぁ。
他にもいくつか低価格でシンプルで同じくらいの品質のサービスがあるみたいですが、私は元からノハナさんユーザーだったので、それ以外を試す理由が特になかった。
ただ「ゲーム画面はお断りする場合があります」って公式サイトに明記されてるサービスもあったので、その点はお気を付け下さいませ。


2020-03-12_8-49.jpg

次はしまうまさん。
私が使わせて頂いてるのは、いっちゃんお安い「スタンダード」で、サイズは「A5スクエア」。

まず最初に、前回の記事で「色合いこんな感じだったっけ?^^;」ってなったと書いたのですが、同記事で既に言及していた通り、やっぱりノハナさんの色合いに慣れていたというのが大きかったみたいです。
見返してるうちに「これはこれで血色良く見えていいなぁ」って思うようになってきました。最初にしまうまさんで印刷してもらってたら多分あそこまで気にならなかったんじゃないだろうか。

で、もうひとつ、見返してた時に自分で作ったくせに少々衝撃を受けたポイントがありまして。
縦長で少々恐縮ですが、しまうまさんで最初に作ったフォトブックの冒頭6ページをご覧頂きたく…。


2020-03-27_16-14.jpg

Glimmerbrookに到着 → ポータルを通って魔法の国へ → オンヤ様が着替えて準備完了

この流れがすごく分かりやすい。一文字の説明もないというのに。
そりゃまあ撮影した本人だから、というのもあるかも知れないんですけどね(´ワ`;)

で…それに気付いたら、「これプレイ日記(物理)作れるな…」って思って衝撃を受けてしまいまして…。


2020-03-27_16-20.jpg

辛抱堪らなくなって実際にやってみた2冊目。
右ページの、ワンドを両手で持つまでの流れがすっごい好きなのだけど、ノハナさんで印刷した時は省いたのもあったので、今度は流れも分かるような配置で全部載せてみた。

これができるのは、載せられる枚数が多いのと、テンプレートが豊富だからじゃないかなぁ、と…。
ノハナさんや「POCKET」だと枚数が絞られる分、やっぱり「厳選したSS集」という方向性になるんですよね。
一方しまうまさんで作らせて頂く場合は、どうも「たくさん載せられるんだから似たようなSSもどんどん載せよう」みたいな心理になりやすいみたいでして。
「プレイ日記(物理)」を割とお安く作れるというのは本当に衝撃だった。まぁそう頻繁には作らないだろうけど^^;

あとやっぱり、あの低価格で最高144ページのフォトブックが作れるのは凄まじいなぁと…。
私はA5スクエアしか作ってないけど、しまうまさんでも文庫本サイズ作れるし。
もうひとつ、到着するのがめっちゃ早いのは特筆すべき点だよね…。2冊目も早かった…すごく早かった…。


2020-03-28_13-46.jpg

今回の記事のメインだった、フォトバックさんの「BUNKO」。
冒頭で挙げてた条件で、しっかりした装丁で綺麗なフォトブックを作りたいなら断然お勧め。
なんかねぇ、うまく言葉にできないのだけど、やっぱり特別感がすごいんですよ…。

さっきも「影になってる部分が滑らかで綺麗」って書いたけど、全体的に柔らかな印象になっててすごく良い…。
その辺はやっぱり写真のプロの方が使っておられるサービスなだけあると思います。うん、品質が良い。
強いて言うなら、柔らかな印象になってる分、しまうまさんやノハナさんの方が輪郭がくっきりしてるように見えるかも知れない?

特別感という面で言うと、何気に「帯がつく」というのが…思いの外やばかった…。
なに、もう…なに…? この、カバーがついてて帯までついてる文庫本サイズの、この…「本」感…。
私の思い入れがめっちゃ強い1冊だからというのもあるだろうけど、もう…本当に、特別感がすごいです…。

ネックになるとしたら、やっぱり価格かなぁ。
いきなりこの価格のものを作るのは私には勇気の要ることで、それもあって「お試し」を作ったりしてました。
「BUNKO」は1番安い36ページでも2,500円を超えるし、他のもっと安いサービスで試しに何冊か作ってみるというのはアリだと思います。実際そうしてきたお陰で自分で感動する1冊を作れたからね(*´-`*)゛
ここに至るまでに何冊も作ってみて本当に良かった。そうして作ったのも全部宝物になりますよ(*´-`*)💕


2020-03-11_16-43.jpg

同じくフォトバックさんの「POCKET」。
厳選したSSを特別な形で残したいなら超お勧め。掌サイズで見開きフラットはマジでやばい。
ほんと素晴らしいんですよ…。私がこの感動を言葉にすると「やばい」にしかならない…。

掌サイズで見開きフラットっていうのが、ほんとやばいんですよ…。
軽ーく両手で持ちながら、ぱたぱたとページを捲れる感じもやばい…。見開き2ページ使ってどーんって配置したのを見た時の感動もやばい…。
SSでフォトブック作りたいという願望を抱えておられるならば、あの感動は是非とも体験して頂きたい…。
あ、「POCKET」は縦と横の2種類作れるのですが、個人的には縦で作るのをお勧めしたいです。縦だとほんと掌に収まるサイズなので…是非ぜひ(*´人`*)゛


そんな感じで、各種サービスのお勧めポイント的な何かでした(*´-`*)゛
とりあえず作ってみたい方には、しまうまさんやノハナさんみたいなお手軽サービスを。しっかりした高品質な1冊を作りたい方にはフォトバックさんをお勧めしたいって感じかなぁ(*´-`*)゛
自分で撮ったSSで作るフォトブック、ほんと宝物になるので…めっちゃお勧めです…。

いやもう、ほんと…今回の1冊でやっとスタート地点に立てた感じです…。
ここをご覧頂いているか分かりませんが、あの時私の背中を押して下さった皆様、そして具体的なアドバイスを下さった皆様に、改めて心からの感謝と御礼を申し上げます。
形にするだけが愛ではないとも思うけど、形にして残したいと思う気持ちも、きっとひとつの愛の形だと思うんだ。
私ひとりでは実行に移せたか分からないし、決断するまでにもっと時間が掛かっただろうと思います。本当にありがとうございました(*´人`*)💕




ここまで言っておいて、少々余談をば。
いやね、片付けをしていた時に大量の写真用紙を発掘しまして、家庭用プリンターでSSを印刷したらどうなるんだろうって…気になってしまって…ちょっと遊んでました(*´ワ`*)w

結論だけ言うと、フォトブックにするより自宅で写真用紙に印刷する方が綺麗という可能性まで有り得る。
いやほんと、めっちゃ綺麗に印刷できたのでびっくりしました。そりゃ確かに「きれい」品質で印刷したけども。


2020-03-26_10-43.jpg

一応スマホで撮影してみたのですが、液晶で見ても全然わっかんないなw
参考になるかどうか微妙だけど、ベランダで撮ってる方が絹目調、屋外で撮ってる方が光沢紙で印刷したやつです。
個人的には光沢紙のが好きでした。写真を印刷するなら絹目調のが好みなんですけどね(*´-`*)゛

たまーに「とっておきの1枚」を印刷したい…という感じなら、自宅で印刷してアルバムに入れてくのもアリかも知れないなぁ。私は撮ってる枚数も印刷したい枚数も多すぎるのでやらないけど。
そのくらい綺麗でした。ご興味がある方は是非やってみて下さい、フォトブック作るより気楽にできますのでw


2020-03-26_10-44.jpg

遊んだついでに、撮影したSSを無編集で印刷した時にどんな感じになるのか試してみた。
さすがにお金払ってフォトブック作る時にこれを試す気にはなれんかったわw

左が前回の記事に載せた、印刷に出すべく編集したSSです。右が全く編集してないやつ。けっこう暗かった。
てか、光沢紙に印刷して実物は割とテッカテカなのに、それを撮ってる私の写真スキルが…^^;


そんな感じで、しょーもない余談でありましたw
やっぱりもうフォトブック作りが新たな趣味になってるけど、罷り間違って印刷するための撮影会とかしようものなら、また撮影した後でモーギンさんに疲れたお顔されるんだろうなぁ…(´ワ`;)
でもその辺に信頼感があるのは、なんだか嬉しい。
ただ印刷したい訳じゃないんだよ。大切な人との思い出だから、物理的な形にして残したいのよ…(*´-`*)゛

コメント

Secret

プロフィール

れいん

Author:れいん
ご訪問ありがとうございます。
初めましての方は、最初に「はじめに。」をお読みください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム