FC2ブログ

ようやっと一歩前進

はい、少々間が空いてしまいました。一体いつまでデフォシムのCAS画面にトップを飾らせておく気だという^^;
いやね…私ほんとにモーギンさんが好きすぎて、「モーギンさんに会いたい」→「Sims4起動したい」→「でもこんな動機でプレイするのはうちの子に対してすごく悪い気がする」→「今の心境でプレイするのしんどい」→「でもモーギンさんに会いたい」→「でも」以下略、という阿呆な状況に数日間陥っておりましてね…^q^
まあそれだけでもなかったんですが、ともあれようやっと自分の中で折り合いがついたので、どうにかプレイを再開できた次第でした。でも途中まで罪悪感その他で胃が痛かったよ…(´ワ`;)


2019-09-25_14-47-05.jpg

そしていきなりジム活部のSSから始まるという。
前半は数日前にプレイした分なのですが、この時に「この心境でプレイするのおっさん達に申し訳なさすぎる…」って思ってしまったせいなのか、SSが微妙な枚数で…💦
昨日プレイした分と合わせて、とりあえず2回更新いたします。前回プレイした分、既にだいぶ内容飛んでるよ…^^;




2019-09-25_14-50-39.jpg

この日はどっちかが「クラブ活動したい」って気まぐれを出してたんだったかな?
相変わらず気まぐれは達成できないのも多いのですが、たまにはいつもと違うところ…と思いまして、Del Sol Valleyのジムを訪ねてみました。
うん、ここ確かセレブ来やすいところだと思ったので、たっくんに会えるのを期待していたのです。初めはしょっちゅう出会えてたのに、最近全然見かけなくて…。うん、今回も会えませんでした…^^;

ふと気付いたら、チーニョさんとおしゃべりしてたロミオ君が「暑すぎる天気に文句を言う」ですって。
言われてみれば、冬なのに気温高めなのね??


2019-09-25_14-50-46.jpg

そういえば外には雪も積もってないし、Del Sol Valleyは冬でも暖かい気候なんですねえ。
この街で暮らしたことないから全然知らなかった。


2019-09-25_14-55-18.jpg

帰宅後のおっさんの腕が撮りたかっただけ。
うんうん、このくらい筋肉ついてたらロミオ君と取っ組み合いしても負けないんじゃないっ?(*'ω'*)゛


2019-09-25_14-58-05.jpg

おっさんがお茶を淹れようとしたらティーメーカーが壊れて、中身見えないけど「悪い」品質のお茶が入ってることになっているらしい。
この日は多分ほとんどジムで過ごしてた気がするし、一応ランクアップまであと少しだからと、ここはおっさんに魔法を使ってもらいましょう。


2019-09-25_14-58-40.jpg

で、機械を修理してもらうついでに品質も上げてもらったのですが、「悪い」から「普通」になっただけですね。
前にフラワーアレンジメントの品質上げてもらった時は、もともと「素晴らしい」品質だったのが枯れただけだったから「素晴らしい」に戻っただけだったのかな?

ちなみに「普通」品質になったはずのピッチブラックですが、結局やっぱり淹れられてなかったというオチでした^^;
おっさんはヘルシーな緑茶が好きらしく、大体そればっかり淹れているので珍しいなあって思ってたのに、この後でまた緑茶淹れてて笑いましたw
しかし緑茶ならやっぱり湯呑みで飲んで欲しくなりますねえ…(*´-`*)


2019-09-25_15-10-27.jpg

翌朝、おっさんがクリスマスプレゼントもらう気満々で笑わせてもらったというw
あなた、むしろあげる側じゃないんですか…?w
多分「物質主義」の特質持ちだからなんでしょうけど、ロミオ君がつけてなかっただけに余計笑いましたw

ともあれ、冬の2週目は割とホリデーが続きますし、それならパーティーとかして過ごしたいですしねえ。
クリスマスを迎える前に、今日は魔法の国で修行に励みましょう!(*'ω'*)゛


2019-09-25_15-43-52.jpg

魔法の国に来るや否や、まずは本棚漁りをさせられるおっさんであった。

で、手前のこの紫の方なのですが、珍しくデフォルトシムを弄らせてもらいましてですね。


2019-09-25_15-45-11.jpg

いたずら魔法の賢者・L.ファバさん、私が弄ったらこんな感じになりました…っていう。
どうしてもお顔のバランスが気になって…でも、ど、どうなんだろうな…。自分ではもうよく分からない…^^;

いや…皆さま結構デフォシムのお顔弄ってらっしゃるけど、難しいんですねえ…(´□`;)
私は一応、もともとのパーツは変えずにバランスだけ弄らせてもらったのですが、なかなか思うようなバランスが見つからないし、大人世代なのでどうしてもほうれい線が気になって…💦
おっさんは全く関わってないですが、ウェンディでプレイする時に1番関わりたいと思ってる賢者様なので、少し私好みにさせて欲しかったんですよね。でも衣装まで変えちゃったから、あんまり面影残ってない…か、なあ…?💦
ともあれこれ以上はもうどうしようもなさそうなので、うちのL.ファバさんはこんな感じになりました(´-`;)


2019-09-25_15-45-43.jpg

L.ファバさんを撮ってる間におっさんが1冊見つけてくれたものの、これはもう覚えちゃってますねえ。てか、1点狙いでクサソダーテの書が欲しいんですよね^^;
でも見つけたものはとりあえず懐にしまっておくという根性、嫌いじゃないですw
みんな割と本探ししてるけど、みんなして持ち出したまま返却しないとか、ここの本の管理は大丈夫なのだろうかw

そうそう、前回…といってもみっつ前の記事ですが、最後に「フェスに連れ出したら賢者さん達お着替えしてくれるかな」って思って、モーギンさんとシメオンさんをSan Myshunoに連れ出してたんですよね!(*'ω'*)゛


2019-09-25_15-46-03.jpg

おおっ、シメオンさん着替えてくれてる~っ!(*´ワ`*)
…って思ったけど、今確認したら、これフェスの時に着てた冬服とは別なのね? あれ?^^;


2019-09-25_15-47-14.jpg

そして一方のモーギンさん。
ま、まだそれのままですか…そうですか…^^;


2019-09-25_15-49-00.jpg

今回もお願いして着替えてもらったんですが、後からSS確認したら機嫌悪そうな顔が何枚か撮れてて、「あっ、あれ気に入ってるんですね、すいません…^^;」ってなったという。
台詞つけてた時に、自分でつけた台詞だけどご尤もすぎて思わず笑ってしまった。実際あれどういう扱いなんでしょうね?w


2019-09-25_15-51-10.jpg

からの、容赦なく吹っ飛ばされるおっさんであります。
叩きつけられる前にこんな面白い顔してたとか知らなかったよ!w


2019-09-25_15-51-43.jpg

お気にの服から無理やり着替えさせられた賢者さまによる大人げない報復の図。
これやられた後って腰とか押さえてるもので、おっさんの身体が心配になります^^;
そういえば、前は決闘するのにえらく手間取ったけど、この時はすんなり移動してくれたなあ。なんだったんだろ。

さて、決闘してもらったことだし、ここで一旦「解放」を使ってチャージをリセットしてもらおうと思ったのですが、


2019-09-25_15-52-38.jpg

「解放」の魔法が見つからない…。
あれ? そんなに見つけにくいとこにあったっけ??


2019-09-25_15-52-41.jpg

う~ん…? 呪文一覧を開いても出てこないなあ…。

結局この時は見つけられず、昨日プレイした時にもやっぱり見つけられないままでした。
特典一覧を確認すると、ちゃんと使えるようになってるんですけどねえ。
別データで魔法使い関係のチート使ったりしたから、そのせいかなあ…。「解放」が使えないのはちょっと怖い…💦

【追記】
「解放」は一定以上チャージが溜まっている時でないと使えないみたいです。チート関係ありませんでした^^;
この後、無事に「解放」コマンドが使えた時の様子はこちらです。
【追記おしまい】

とはいえ、使えないものは仕方ない。せっかくモーギンさんに来てもらってるしもう少しでランク上がりそうだし、トレーニングをお願いしましょうか!
どうせなら師匠の指導のもとでランクアップしたいしねっ!(*'ω'*)゛


2019-09-25_15-59-43.jpg

という訳で、まずは願望達成です!(*´ワ`*)


2019-09-25_15-59-49.jpg

次いで「巨匠」になったというお知らせも出ました~っ!(≧▽≦)💕

これでおっさんは、現代の魔法使いの最上ランクまで上り詰めたことになります。
やぁ~、おめでとう、お疲れさま~っ! 春になる前にはいけたねえ!(*´ワ`*)


2019-09-25_16-01-01.jpg

報酬の特質はこんな感じでした。
おおっ、チャージが増えにくくなるのはありがたい…!✨
チャージの恐ろしさはもう嫌というほど痛感しましたからねぇ…(´-`;)


2019-09-25_16-02-26.jpg

才能ポイントも追加で3点もらえたので、さくさく新しい特典ももらっちゃいます(*´ワ`*)
とにかく「呪い防止」の特典が欲しかったので、あらかじめ取らなきゃいけない「チャージ制御」と併せて取得してもらいました。
なんてったって、ここまで一度も呪われずに来ましたからね…! おっさんには一度も呪われない魔法使いでいて欲しかったのです(*`ω´)=3

あとは少し迷った末に、「生来の指導者」を獲得してもらいました。
現代の魔法使いとしては新参者だけど、古き魔法の数少ない使い手ということで…(*'ω'*)゛
とりあえず、特典はこれで満足かなあ。おっさんは特典を大量に持ってるイメージでもないからね(*´ω`*)゛

さてさて、それじゃあちょいと、師匠にもっぺん決闘をお願いしようじゃないですかっ!(*`ワ´)=3
うんまあ当時の自分が何を思ってまた決闘をお願いしたのかは全く思い出せないのですが!w


2019-09-25_16-04-18.jpg

しかし巨匠になろうとも、未だ発動失敗みたいな感じでガクッとなっちゃうおっさんでありました。
あああ、やっぱり一度死神が来てから多いなあ。本当にごめんね、おっさん…(´□`;)
そしてこの時もモーギンさんには勝てずじまいでした。師匠を超えるのはまだまだ先かあ。


2019-09-25_16-06-24.jpg

何かを指示したらモーギンさんと一緒に本部まで戻っていったので眺めてたら、他人様の決闘完全スルーしててちょっと笑ったというだけの1枚。
おっさんがちょうどモーギンさん見上げてるものだから、「止めなくていいのか?」「ええ、最悪でもどちらかが呪われるだけですから」みたいな会話してるようにも見えてくる…w

さて、ここまでがちょっと前にプレイした分。
さすがに枚数が少ないので、昨日プレイした分も少しだけ。。


2019-09-30_13-45-30.jpg

数日間が空いてブログも更新してなかったもので、何をしてたか思い出すのに時間がかかった私であります(´ワ`;)

それはともかく、おっさんの目標は「実用魔法と原始魔法を全て修得すること」です。
実用魔法はうっかりして先に究極の魔法を習ってしまったので、残るは「クサソダーテ」なる呪文だけ。
そして原始魔法は、究極の魔法を教わったら完了…という状況です。

どうせなら究極の原始魔法は、実用魔法を全て修得してから習いたい…!✨
そしてクサソダーテはできれば本を読んで修得して欲しい! なぜなら、おっさんが魔法で本を浮かせながら読書する姿を拝める最後の機会だから…っ!(*´□`*)💕

という訳で、おっさんの魔法使い修行は、もう少しだけ続きます(*'ω'*)゛


2019-09-30_13-46-11.jpg

プレイ開始前にSSだけざっと確認していた私氏、「チャージが溜まりにくくなる」効果を確かめるべく、起き抜けのおっさんにチャージするコマンドを試してみてもらいました。


2019-09-30_13-46-13.jpg

おお~っ、もう全然増えませんねえ。
しかし溜めたくて「チャージする」コマンドを使ったのにこれしか増えないのは普通に困るのでは…?
フォロワーさんから伺ったお話だと、遺物をかけた決闘とかだと、そこそこチャージが溜まってないと勝つの大変みたいなのだけど…?^^;


2019-09-30_13-48-24.jpg

あと、そういえば試してなかったと思って、ロミオ君に適当な魔法の書を読んでみてもらいました。
が、結果はこんな感じ。特にムードがつくでもなく、読むの諦めた本を本棚に戻してくれることもなくw
本棚があるのに本をあちこちに散乱させる現象、どうにかならないのだろーかw

それにしても、魔法の書ってルーン文字で書かれてるのかあ。
魔法使いになった時点で、最低限必要な知識が頭に叩き込まれるとかなのかな。それとも単に、魔法の力で読めない文字を読めるようにしてるとか…?
粉ミエールの呪文のこととか考えると、後者のが面白いかも。賢者の呪文の効果みたいな。
そういえば粉ミエールって、地味に賢者しか使えない魔法なのね…。やっぱり賢者しか知らない魔法も結構あるんだろうなあ。

この日はクリスマスだったので、夕方からパーティーを開く気でいたのですが、その前に少しだけ魔法の国へ。
おっさんには本棚で、ロミオ君にはお店で、目的の魔法の書を探してもらいたかったのです。


2019-09-30_13-52-19.jpg

ものすっごい今更ながら、ポータルのマークの中央がいたずら魔法のマークである事に気付いて愕然。
そこは原始魔法が中央じゃないのーっ!? なんか1番カッコいいじゃない、原始魔法っていう響き自体がさあ!?
っていうか原始魔法が最強の力~みたいなそんな話なかったっけ? あれっ、私何か記憶捏造してる!?^^;

今気付いたけど、ポータルによってマークの順番違ったりするのかな?
てかそもそも、全部のポータルにマークあるのだろうか…。覚えてたら片っ端からポータル確認してみようかな…。


2019-09-30_13-53-11.jpg

そして相変わらずのモーギンさんである^^;

いや…別に仮装しててもいいんだけどね、この衣装って地味な方だから…どうにも見映えがね…^^;
あとこの衣装、胸がかなり…パットが入ってるっぽいというか、やっぱり違和感がね…?
この角度だと胸の違和感が少なくて、ほんとに女の子みたいな体型に見えますねえ。

モーギンさんの衣装チェックを終えたところで(何してるんだか)、おっさんには魔法の書を探す指示を出し、ロミオ君には魔法使い市場に往ってもらおうとしたのですが、


2019-09-30_13-53-35.jpg

思わぬ選択肢に目が丸くなるの巻。
んっ…!? これロミオ君よね? 魔法なんか使えないんだけど……としばし悩んだのち、ようやっと気付く。


2019-09-30_13-54-37.jpg

そういえば健康スキルのレベルが上がると瞬間移動できるようになるんだったーっ!( ゚ □ ゚ )

いやぁ~、すっかり忘れてた…。完全におっさんをマッサージしてもらうためだけにスキル上げさせてましたよ…!?
ポーズ取って浮かぶモーションとか入るから少し時間はかかるけど、ロミオ君も瞬間移動使えるのかあ…!
うわぁぁ、嬉しい…! 先にロミオ君に指示出しておけば、おっさんもテレポート活用できるじゃない!(*´ワ`*)💕

確認してみたら、ちょうどおっさんが巨匠になったのと同じタイミングで、スキルレベルが7になってました。
そっかあ、レベル7で瞬間移動覚えられるのかあ…! ロミオ君に健康スキルやらせた私、GJ…!✨


2019-09-30_13-58-45.jpg

それはともかくクサソダーテの書はなかったので、おっさんはシメオンさんに友好的な決闘でも挑んでみませう。


2019-09-30_13-59-26.jpg

吹っ飛ばされる時の顔…ww
うん、おっさん、身体張って面白い顔見せてくれてありがとう…w


2019-09-30_14-00-39.jpg

モーギンさん追いかけてたらグレースちゃんが魔法の練習してて、綺麗な絵が撮れたので(*´ω`*)゛
しかしなぜこの時モーギンさん追いかけてたんだろう。うちのふたり何してたっけ?^^;

さて、ちょっと中途半端ですが、今回はここまで。
次回、クリスマスのパーティーの様子なんかはまた明日にでも(*'ω'*)゛

ところで、あなた前に「流れと関係ないのは後でまとめる事にする」とか言ってなかったかって?
うん、それやろうと思ってSS整理してたら、おっさんの修行関係とそれ以外とで、枚数が同じくらいになっちゃったんです…。そして「それ以外」の約半分を、モーギンさんのSSが占めていたんですぅ…^^;
なので一旦、モーギンさんのSSだけ外すことにしました…。まあこのくらいの長さなら別にいいよね…^^;
そのうちモーギンさんのSSだけまとめた記事を更新したいでーす…。多分おっさんの修行が終わる頃には余裕でひと記事分溜まってますわ…w

コメント

Secret

プロフィール

れいん

Author:れいん
ご訪問ありがとうございます。
初めましての方は、最初に「はじめに。」をお読みください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム