FC2ブログ

おっさんの魔法使い修行、開始!

この記事は本日2度目の更新分です。うん、いつものパターンですね!w


2019-09-11_10-20-07.jpg

そんな訳で、前回ようやっと魔法の国の魔法使いに名を連ねることとなったレオでした。
これから先はとにかく魔法を覚えて、魔法使いのランクを上げていくことが目標になります。
そういう意味では、とにかく力を行使して位階を上げつつ能力を獲得していくヴァンパイアと、やっぱり方向性は似てるのかな。


2019-09-11_10-19-15.jpg

そういえば、自分をクリックした時に表示される「魔法」という項目も増えてました。
なんだこれって思ったけど、どんな呪文覚えたか~とか確認できるやつの事ですねw
特典一覧の画面から開くよりも簡単なのに、プレイ中の私がこれの意味に気付くのはもうしばらく後のこととなりましたw




2019-09-11_10-20-26.jpg

新米魔法使いがする事といえば魔法の練習でしょ! という事で、さっそく魔法の練習をしてもらってました。
これはモーギンさんから教えてもらえる原始魔法を練習してるところなのですが、まだ全然知らない魔法も練習することができるのですね。


2019-09-11_10-22-07.jpg

あと、さっき「杖を必ず使う」っていうコマンドがあったからクリックしてみたけど、さすがに練習中に変更しても杖を持ってくれたりはしませんでしたw
しかし「必ず使う」と「一切使わない」ってまた極端だな! その時の気分で使ったり使わなかったりしてくれるコマンドがあっても良かったのでは!?w

まあおっさんはあんまり杖使うイメージじゃないし、いいんですけどね。
ていうか、古代の魔法使いっていう設定のくせに本人あんまり古代人っぽい雰囲気じゃないもので、ワンドも箒もあんまり似合う気がしないという^^;
一応新しい衣装も着せてみようとしたんですが、ま~似合わなかったよね…^^;


2019-09-11_10-22-20.jpg

しばらくひとりで練習していると、新しい呪文を修得して、本のマークの経験値みたいなものが少し増えてました。


2019-09-11_10-22-39.jpg

うんうん、原始魔法の最初のふたつが揃いましたね!✨
炎の魔法は3の動画でもお馴染みだったなあ。ほんと暖炉設置しておけば良かった。魔法で点火できたかも知れないですよね。


2019-09-11_10-23-03.jpg

試しに周りのものをクリックしてみたら、呪文によって使える対象が変わるみたいですね。
お花の台車は燃やせるけど電撃食らわせても意味がないのか。雷が落ちたら燃えカスになるという事だな…^^;
この時は確認しただけなので、実際に試した訳ではないです。


2019-09-11_10-43-37.jpg

しかし、案外あっさり呪文覚えちゃいますね。
それじゃあ薬作るのはあんまりやってもらうつもりないんだけど、魔法の書でも読んでもらおうかな?

魔法の書は、内容によって必要なランクが設定されてました。
いつでも好きなものを買える仕様ではなさそうだったので、とりあえず置かれてた本は片っ端から買ってみたのですが、魔法使いなりたて=見習いランクの魔法使いだとこれしか読めるのがなかったという。
まあランクが足りなくても読むことはできるのかなあ。経験値がもらえるなら試してもいいのかも?


2019-09-11_10-44-12.jpg

意外と本が大きくて思わず笑ってしまったというw
本の表紙は、呪文や薬の種類によってマークが、必要ランクによって表紙の色が違うとかなのかな?


2019-09-11_10-47-30.jpg

最後まで読み終えたところで新しい薬の作り方を修得して、更に「新入り」にランクアップしました~!(*´ワ`*)
読書してただけなのに薬が所持品に入ってるってどういう事だ!w

とはいえ、ヴァンパイアの経験値と違って、読書で得られる経験値はあんまり多くないですね。
読後に1回増えるだけみたいなので、結構少なめな印象です。
まあランクアップに必要な経験値自体がヴァンパイアよりだいぶ少ない気はするのですが、今はまだ下位ランクだから、後々必要な経験値が増えてくるかもですね。


2019-09-11_10-48-10.jpg

ちなみに、人間シムのロミオ君が魔法の書をクリックした時にも「魔法の書を学ぶ」という項目が出るだけでした。
ああ、試しに読んでもらおうと思ってたのに忘れたなあ^^;
今度覚えてたら試してみます。


2019-09-11_10-49-40.jpg

さて、「新入り」にランクアップしたことで、おっさんは魔法使いの特典をひとつ入手できるようになりました。
これ、もし最高ランクまで上がった後も才能ポイントが増えることがあるのなら、全部の特典を入手することも可能なのかなあ?
ヴァンパイアパワーは弱点とバッティングしなければ全部習得できますもんね。
とりあえずまずは「知は魔法なり」という特典を入手。
そういえばPCでも勉強できるのかw この家、またPC置いてないんですよねー!^^;

私はこういうパワーや特典を全部取得しちゃうと「便利すぎてつまらん」ってなる捻くれ者なのでw、おっさんは全部の特典は取得しないと思います。
特に左から2列目は錬金術関係の特典みたいなので、おっさんはこの辺りは取らないだろうなあ。
まあウェンディは古代の大魔女という設定で、彼女にとってはレオでも子どもみたいなものだから、彼女には魔法も特典も錬金術も、全部覚えてもらうのもアリかもしれない(*'ω'*)゛

さて、引き続き経験値を貯めてもらうべく、おっさんにはまた原始魔法の練習をしてもらったのですが、


2019-09-11_10-56-15.jpg

あらら、そっか、今のランクだと最初のふたつしか覚えられないんですね。
もしかしたらこのまま原始魔法の練習をしててもらっても経験値は増えたかも知れないのですが、せっかくだし別の呪文も覚えて欲しいなぁという事で、中断させて実用魔法の練習に励んでみてもらいます。


2019-09-11_10-58-05.jpg

しばらく練習し続けて、またしても新たな魔法を修得です。
ほんと覚えるの早いなぁ! もう少し手こずりたかったくらいなのですが!^^;

原始魔法の練習を中断した時に経験値が増えていたのか分からないのですが、この時点で経験値はここまで貯まってました。
で、シューリなる魔法を覚えたことですし、そろそろ何かで魔法を試してみたくって、シャワーに犠牲になってもらう事に(*'ω'*)゛


2019-09-11_10-58-42.jpg

はい、どうも発動失敗した模様ですw
そ、そうだよね、実際に魔法使うのはこれが初めてみたいなもんだものね^^;

とはいえ、別に悪いムードがつくでもなく、続けて魔法を使えるという。
まあヴァンパイアも失敗したからってしばらくパワーが使えない…みたいなのはなかったですね。
でも魔法使いなのに魔法使うのに失敗したとか、「恥ずかしい」ムードくらいついても良かったのではなかろうかw

で、特に何も考えずもう一度シャワーに「ジップザップ」を使ってもらおうとしたら、何やらおっさんが「ひらめき」ムードになってました。
しかも何やら見慣れないアイコンです。何かな何かな。


2019-09-11_10-59-07.jpg

ふむ、「チャージ状態」とな??
言われてみれば、欲求パネルの上にあるオーブみたいな部分に溜まってるゲージ、少し赤っぽくなってますね。これの事かな?


2019-09-11_10-59-33.jpg

とりあえずジップザップの発動に成功したらシャワーは壊れました。
うん、ですよねw

まだチャージとやらの事もよく分かってないですし、これでロミオ君に修理を頼むのもアレなので、ここは覚えたての魔法で修理してもらいましょう。
ていうか、既に壊れてるのに「ホノオヨモエロ」も使えるのね!w

とりあえず問題なく修理できたのでその瞬間のSSはないのですが、


2019-09-11_11-00-01.jpg

ああ、魔法を使うと、ここのゲージ=チャージが溜まっていくんですね。練習してた時にも増えてたのかな?
ここまではカーソルを合わせても「この範囲であれば魔法は普通に機能します」みたいなコメントしか出なかったので、一体なんなのかと思ってました。

そういえば呪いなんて要素もありましたねえ。
恐らく、魔法を使いすぎるとチャージがどんどん溜まっていって、威力は上がるけど成功率は下がる上に呪われる可能性が増えていく、と。
とりあえず、使い過ぎに注意すればそんなに問題ないのかな?

このチャージは、魔法を使わないでいると時間経過で減少していくみたいで、


2019-09-11_11-05-27.jpg

眠っている間にここまで下がってました。
うん、もともと夜型だったというのに、普通にいつものうちの子の生活パターンになってるな…^^;


2019-09-11_11-07-49.jpg

ご飯を食べたらまた鷹揚魔法の練習に励んでもらって、またしても新しい呪文を修得です。
シューリはそのまんまだったけど、ゴシゴシコスールってなんぞ??


2019-09-11_11-09-12.jpg

ははぁ、衛生ゲージを回復したり、汚れたオブジェクトを綺麗にしたりできる系かな?
実用魔法はほんとシンプルで使い勝手がいいのが揃ってるみたいですね。


2019-09-11_11-09-22.jpg

ゴシゴシコスールは自分をクリックしても選べたので、大して衛生下がってないけど試してみてもらいます。


2019-09-11_11-09-25.jpg

おおっ、回復してる回復してる。いやまあむしろお手洗いに行っておいでって話なんですがw
さすがに欲求を回復する系の呪文はないのかな。まだ試してないけど、錬金術の方にそれっぽいのがありますし。

さて、そろそろまた魔法の国に行きましょうかね!
前回見つけたグリマーストーンなるアイテムを使ってみてもらいましょうか(*'ω'*)゛


2019-09-11_11-15-29.jpg

モーションは魔法を使う時と一緒かな?
この後すぐにロード画面に入ってました。いやぁ~、これはいい…!✨


2019-09-11_11-16-15.jpg

という訳で、おっさんひとりだけ本部前に到着です。
グリマーストーンを使うと使用者しか来れないのですが、世帯のシムはこれで連れて来れますものね。

さてさて、それではモーギン師匠を探しましょう!ε=(ノ*'ω')ノ


2019-09-11_11-16-54.jpg

上位の仲間に教えを請うことができるのもヴァンパイアと一緒ですね。
それじゃあさっそく…とおっさんに指示を出して、カメラをそちらに戻しましたら、


2019-09-11_11-17-35.jpg

あ~っ、いいないいな、箒いいな~!w
なんか到着するたびに誰かしら魔法使いが傍にいて、みんなソッコーで箒で飛んでいくのですが、これ到着時の強制イベントか何かなの?w


2019-09-11_11-21-10.jpg

ともあれそんな訳で、モーギンさんにお願いして魔法の特訓でございます(*`ω´)=3
あれかな、賢者がお手本を見せてくれて、それを真似してる感じなのかしら。


2019-09-11_11-21-45.jpg

おっさんはほぼモーションが同じだったので、むしろモーギンさんの動きばっかり眺めてましたw
この動きなんだろう。内に内に押さえるみたいな…どんなご指導だったのだろうか。


2019-09-11_11-23-33.jpg

ちょっと面白かったのが、経験値はそれほど増える訳でもなさそうなんですが、友情のプラスマークがすっごいポンポン出てたというw
実際どれくらい増えてたのかなあ。何度か同じ賢者さんにトレーニングをお願いしてたら割と簡単に仲良くなれそうな印象でした。

ついでに、まだ自力では覚えられない原始魔法を教えてもらえたりしないかな~って少し期待したのですが、


2019-09-11_11-25-30.jpg

あ~、まあそうだよねえ。
魔法を覚えるの自体は簡単だけど、根本的にランクを上げていかないと出来ることは増えないかあ。

で、せっかく大釜がいっぱいあるんだし、ひとつ薬の作り方覚えてる事だし…と思って、試しに作ってもらおうとしたのですが、


2019-09-11_11-25-54.jpg

おおっと、そっかー、材料必須系か~!^^;
魔法の国にもGlimmerbrookにも蛙を捕まえられる場所があるのにも納得しました。言われてみれば、魔女が薬作るのに蛙使うのって割と定番のイメージですね。

ちなみに、後から来てもらったロミオ君には、おっさんとは別行動をしてもらってました。


2019-09-11_11-18-48.jpg

ひとつはお店のチェックと、お買い物。
やっぱり置いてあるアイテムが変わってますね。使い魔のオーブも前回と違うのが出ています。

そっか、使いたい魔法を覚えられる本を入手できれば、覚えたい魔法だけ覚えるプレイも可能ですねえ。
練習コマンド使えないからランクを上げるのは大変になりそうだけど、ランク自体を上げる必要がないなら尚のこと。


2019-09-11_11-26-24.jpg

もうひとつは、庭園での植物集め。
前回来た時はまだ収穫できる状態になってなかったから、良かった良かった(*´ω`*)゛

新しい植物は、このバレリアンプラントなる背の高い植物と、


2019-09-11_11-26-55.jpg

マンドレイクさんでした^^;
収穫して大丈夫なのか悩んだじゃないか…。ていうか、マンドレイクって実在する植物だったんですね…^^;

とりあえず、今回増えた植物はこの2種類。
マンドレイクにも「プラント」ってついてるから、上のやつも植物名自体はバレリアンなのかもしれないです。


2019-09-11_11-28-02.jpg

ロミオ君が密かにおっさんのお手伝いをしている頃、おっさんは試しにシメオンさんのところに行ってもらってました。
うん、私のことなので、実用魔法も既にふたつ覚えてること忘れてたんだと思います^^;
当然のように新しい魔法は教えてもらませんでしたとさw


2019-09-11_11-28-46.jpg

で、ちょっと悩んだのですが、ロミオ君に使い魔のオーブを購入してもらったので…。
やはり妖精の血脈であるロミオ君と一緒になったおっさんには、まずは妖精の使い魔を従えてもらおうかな? と思いまして、ちょっと躊躇ったけどやってみてもらいます!


2019-09-11_11-31-00.jpg

あっ、そもそもキャンセルコマンドが存在しない!^^;

そしてこの説明を読んで、これがSims4での妖精さんの仕様になるんだろうなぁ、と思った次第です。
フラワーアレンジメントでも、スノードロップで香りをつけると妖精さんが寄ってくるんですが、やっぱり光の塊みたいな感じなんですよね。
あとなんだっけ、サメか何かを飼える大きな池みたいな……あれも確か妖精さんが寄ってくるみたいな事ができるのですが、やっぱり水上を綺麗な光が滑ってる感じというか。それはSSがないのですが。
う~ん、妖精シムはあんまり期待しない方がいいのだろうか…。これだけ「妖精」という名前の存在が出てきてたらなぁ…。

ともあれ、おっさんの初めての使い魔には「ジナーフ」と名付けました。
翼しかちゃんと視認できないという事で、アラビア語で「翼」という意味です。日本語表記の仕方は諸説あるみたいですが^^;
前にもどこかで書いたかもですが、カマルもアラビア語で「月」という意味の単語です。


2019-09-11_11-32-04.jpg

使い魔にする、というのは、オーブから解放するっていう意味なのかな?
傍に出てきてもらうには、改めて呼び出す必要がありました。
同時に呼び出せる使い魔は1匹(?)だけだとか。まあしばらくは、おっさんの使い魔はジナーフだけだろうなぁ。


2019-09-11_11-32-06.jpg

そしてこれまたアクションがあっさりなんだなぁー!w
うっすら上の方に写ってますが、ほんとあっさり出てきてくれたもので、普通に会話のボックスと被っちゃったというね!^^;


2019-09-11_11-33-54.jpg

せっかくなのでジナーフを従えた状態でシメオンさんにトレーニングをお願いしたら、いつの間にかおっさんに見慣れない「自信」ムードがついてました。
ほほう、時間が表示されてないし、使い魔を呼び出してる間はこのムードが付き続けるみたいですね。
ていうか、死の危険もあるんだっけ。今のところそこまでの危機感を覚えた事はないけど、油断してると怖いのかな。
魔力を増幅させてくれるって事は、成功率が上がったり、決闘で勝率が上がったりするのかしら。

しかし「妖精」にこういう役割がこなせると知ったら、ロミオ君が妬きそうだなぁ…。
時間の経過の仕方が周りと違うだけで妖精らしい事は何もできないっていうの、彼のコンプレックスなんですよね。
だから本当は、そもそもおっさんに使い魔を持ってもらうかどうか自体、悩んだところがあるのですが。。

そうそう、トレーニングしてもらった後で、おっさんには前回に引き続き、本棚で魔法の書を探してみてもらいました。


2019-09-11_11-38-38.jpg

今度は「ウマーイの書」なる本を発見! やっぱりランダムで魔法の書が手に入るんですね(*´ワ`*)
ちょうどまだ覚えてない実用魔法なのでありがたい限りです(*´ω`*)゛
そしてしばらく同じコマンドは使えないとのこと。まあこれも想定の範囲内ですし、時間が経ったらまた探せるなら全然いいです(*`ω´)=3


2019-09-11_11-39-26.jpg

さて、そろそろランクも上げたいし、魔法の決闘もやってみてもらいましょうか!
決闘といってもいろいろ種類があるんですね~、面白そう!✨

とりあえずまだおっさんは新入りですし、相手は遥かに格上の賢者さま。
無難に「友好的な決闘」をお願いしてみましょう!(`・ω・´)


2019-09-11_11-39-53.jpg

にこやかに話しかけて、決闘の承諾を頂きます。
で、その後ちょっと広いスペースに移動して、


2019-09-11_11-40-36.jpg

決闘開始ですっ!(*`ワ´)=3
いやぁ~、派手でカッコいいなぁ~!✨

横で突っ立ってるロミオ君は私が呼んだんだったかな?
決闘してると周りのシムが寄ってくることもあるので、もしかしたらフリーで見に来たのかもしれないです。


2019-09-11_11-41-03.jpg

とはいえ、まあ賢者さま相手にいきなり勝てるはずもなく。
いつか賢者のお三方相手に勝利したいねぇ(*´ω`*)゛

さて、この後は一旦帰宅。
魔法の国から自宅に帰るにはスマホで帰宅するのが1番早いと気付きました。
あれって電話で車を呼んでる扱いだと思ってたんだけど、魔法の国にいても同じ手段で帰れちゃうのか…w


2019-09-11_11-47-55.jpg

決闘するには別に魔法の国でなきゃいけない、なんて事はありませんでした。
うちで遊ぼう、とトマックス君に電話をして来てもらって、我が家の前でいざ勝負!
今回はちょっと気になってた「知識をかけた決闘」をやらせて頂きましょうっ!(*`ω´)=3


2019-09-11_11-48-36.jpg

おお~っ、なかなかいい勝負なのでは!?
賢者3人以外の魔法使いランクは全然把握してないのですが、グレースちゃんとトマックス君の従兄妹同士はそこまでランク高くないのかな?
ひとつ前のSSにちょっと写ってますが、今回はジナーフを従えた状態で決闘に臨んでます。


2019-09-11_11-48-54.jpg

そしたら使い魔って、戦況に応じて吹き出しで感情見せてくれるのね…!✨
びっくりして慌てて撮ったもので、こんなSSしかなかったのですが^^;
今回はジナーフが一緒だった事もあってか、おっさんが優勢だったのですよ!(*`ω´)゛


2019-09-11_11-49-09.jpg

やったぁ~っ、おっさん2戦目にして初勝利です!(*´ワ`*)✨
観客は、知り合いでもないのに扉とんとんで遊びに来てくれた、多分タウニー…かな…^^;


2019-09-11_11-49-14.jpg

初の勝利に年甲斐もなく喜んでるおっさん、どうやらトマックス君から「カナシクナール」の知識を譲り受けたようです。
って、これいたずら魔法じゃないかー!w
しまった、そっか、トマックス君ってゲームプレイのトレイラーでもいたずら魔法使ってなかったっけ? あんまり覚えてもらうつもりなかったのに^^;

さて、ちょっと中途半端ですが、今回はここまで。
よしよし、頑張れば明日の朝に予約投稿できそうなペースですね…! 明日は続き遊ぶぞう…!w

コメント

Secret

プロフィール

れいん

Author:れいん
ご訪問ありがとうございます。
初めましての方は、最初に「はじめに。」をお読みください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
検索フォーム